るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/29

事業仕分けと漢方薬 

もし漢方薬が保険対象外になると、困る人がたくさん出てくると思う。
漢方以外の薬は強すぎて飲めない人も漢方薬で症状を緩和し、コントロールしながら、日々の生活を何とか送っている人たちは多いと聞く。

また、漢方薬と日本の伝統医学がいずれ消えてなくなることにもなりかねない。

漢方薬は保険対象であり続けるべきだと強く願います。
スポンサーサイト

2009/11/19

テレビ

私はほとんどテレビを見ない。
大きな画面のテレビは家にはないし、時々おばあちゃんの家で見るか、
郵便局などで見るかそのぐらい。

大きな画面のテレビを見るたびに、今の俳優さんやアナウンサーなどは大変だなあと思う。
等身大で人の目に触れてしまう、しわもしみも良く見える。
距離は遠いのにビジュアル的に隠すことができない。

見ていると今ひとつの世界が画面の向こうにある不思議な感覚にとらわれる。

小さな頃からあんなテレビをみていると、どんな感覚で世界やイメージをとらえるようになるんだろう。

2009/11/19

つながり映画祭

つながり映画祭の紹介です!
以下、ホームページから抜粋しました。

http://www.uplink.co.jp/factory/log/003261.php

12月3日から9日までは「障害者週間」です。例年この期間に、障害をテーマにした多様なイベントが全国各地で行われています。
きょうされん(旧称:共同作業所全国連絡会)は創立30周年にあたり記念映画を製作し、既に全国740ヵ所で上映会を開催しています。また、全日本ろうあ連盟も創立60周年の記念映画を製作し各地で話題を呼んでいます。この映画を含め、時代や障害のちがいを超えて、25本の選りすぐりの映画を集めました。
「広く市民のみなさんに映画を観てもらいたい、そして障害について知ってほしい」という思いから、障害者週間に合わせ、毎日複数作品を上映し、トーク・セッションも交えた「つながり映画祭」を企画しました。トーク・セッションには、映画製作に携った方や障害について関心を持ち社会的に活躍されている方などお招きしました。
今だからこそ“つながること”の大切さを、映像作品とトーク・セッションを通して捉えなおす機会にしていただければと思います。ぜひ足をお運びください。

主催:きょうされん
企画:イメージ・サテライト
運営:アップリンク
特別協力:全日本ろうあ連盟
協力:(作品提供社)シグロ/ピース・クリエイト/モンタージュ/「ぼくはうみがみたくなりました」製作実行委員会/アステア/アズマックス/自由工房/バオ/日本映画学校/サクセス・ロード/心の杖として鏡として製作委員会/現代ぷろだくしょん/ドキュメンタリー・ジャパン/疾走プロ/フューレック/いせFILM(作品上映順)

日時:12月3日(木)~11日(金)
料金:一般¥1200/シニア・障害者(付添1名分も)¥1000
前売券¥1000、当劇場受付けにて発売中!

~トーク・ショー開催!~
12/3(金)18:30;
ジェームス三木(脚本家)×伊藤静美(麦の郷創立者)
12/5(土)16:30;早瀬憲太郎(監督)×山本おさむ(漫画家)
12/7(月)16:30;平沢保治(元患者自治会長)
12/9(水)18:30;石井めぐみ(女優)
12/11(金)18:30;
神田昌典(経営コンサルタント)×藤井克徳(きょうされん常務理事)

続きを読む ≫

2009/11/08

「日本があぶない」

今回の海外出張で感じたことは・・・

「日本があぶない」ということ・・・

危機感を持たない日本。
本来であれば連帯感を持って自分たちの社会を守ろう、
自分たちの生活を守ろうとするべきだろうに・・・。

危機感を持つと、内向きになり、保護的になり、互いの足を引っ張り、不安に襲われて身動きのできなくなってしまう島国の人々・・・・

これじゃ・・・
先が危ない。

母国語や英語はできて当たり前、それプラス数ヶ国語できると・・・話題になる。
7ヶ国語できると、へぇ~すごいねと話になるグローバル社会。

自国にお金や資源や仕事を流し入れようとグローバル社会で翻弄している人々。
自分たちはグローバル社会で戦い、自分の社会へ高額の税金を支払い、共に助け合う社会を作り上げている。誰も派手な生活はしないけれど、安心とこころの平安をみんなが手に入れられるような社会をつくりあげている。成熟社会とはそんなものなんだろうという気がする。

日本のように「あの人は働いていないから、ホームレスになるのは自業自得」
とか「離婚したんだから、シングルマザーで生活が苦しいのは自業自得」と見放す冷たい日本社会とは、異なる大人の社会、本当の大人の人たちのいる成熟した社会を垣間見てきた。

外から見ると、地味で、質素で、画一的に見えたけれど、ドアの中はとても暖かく、個性的で、自由な発想や行動があった・・・。

日本のように外ばかり派手だったり、きれいだったり、見栄で生きている社会とは大分異なる。
日本のように見栄えはいいけど・・・、内側は?と問われたり、見られると、カラカラで干からびていて何もないか、内側から腐ってきていることが多くある。悲しい社会。可哀想な人々。

2009/11/08

日本の味

先日、寒いところへの出張から日本へ戻ってきた。

これまではどんな長い期間海外で生活していても、日本食が恋しくなったり、
帰国して日本食が食べたい!と強く感じたことはなかった。

でも、

今回は、成田に着くと無性におすしや日本そばやラーメンが食べたくなった・・・。
食べたのは一番お手ごろ価格だった・・・五目そば・・・。
美味しかったぁ~。

なんか最近歳を取ってきて、昔の自分に戻ってきているのかしら・・・とふと思うことも無きにしも非ず。

2009/11/08

ひつじ

今、マフラーを編んでいる。

ひつじの毛を紡いで・・・。
つむいだ羊毛でマフラーを編んでいる。

そんなときが至福のとき。

ホーム

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。