るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/01/03

Save civilians in Gaza!

1月1日までに420人以上の人たちが殺されたという。

Facts, faiths and stories, etc, are all intertwined among Jewish people, Islam people, Nazzi, Zionist...and adding the US money and political interests just makes it more complicated.

May peace take over the Palestinian Territories.
No more bloodshed...please save the people in Gaza.
スポンサーサイト

2009/01/03

新宿ゴールデン街

新宿ゴールデン街にあった唯尼庵のママ、キヨさんのことを最近思い出した。

最初で、最後に唯尼庵に行ったのは、2005年の真夏の夜。
知り合いにつれられて行った。
お店の前にいた子鉄さんの姿が印象に残っている。

そこは、不思議で、心地よくて、懐かしい雰囲気につつまれた空間だった。息苦しい日常から解放されている場だった。

その頃は、まだ日本の生活に馴染めなくて、日本にいても外国人のようだった自分にとっては、
キヨさんのような女性に出会え、お話しできたことはかけがえのないことだった。
居心地の悪い日本での日々を送っていたそのとき、彼女のような日本人がいるんなら、日本で生活してもいいかなと心の底から、帰国後、初めて感じたことは今でも忘れられない。

お店にいた人たちもみんな気さくな人たちで、みんながまた来なよ、と言ってくれていたのもうれしかった。なんか初めて足を踏み入れた場で、初めて会った人たちだったのに、ずっと昔からの知り合いだったかのような気がした。終電に乗り遅れるから帰ろうよ、という知人に引っ張られるようにして、帰ってきたのを覚えている。そうそう、帰りたくなかったから・・・駄々をこねていて・・・キヨさんは、またおいで、いつでもいるからと言ってくれたり、お客さんまでもがそんな風に言って、見送ってくれた・・・。

二度目に行ったのは、2005年の11月下旬。
無性にまた行きたくなって、というかキヨさんの顔を見たくなった。
今度はアメリカから来ていた知人と一緒に行った。

そしたら、お店の中の明かりはついておらず、ドアに一枚の白い張り紙がはってあった。ドアの下には、赤い花が置いてあった。

キヨさんは2005年11月20日に亡くなられたということを知った。
数ヶ月前に、会ったときには元気だったのに・・・信じられなかった。
一度しか、お店に行って話したことはなかったけれど、もうあのキヨさんと会えないかと思うと無性にさびしかった。

2009/01/03

時間が止まるとき

あの爆弾が落とされた時、
周りの風景が白黒に変わった
時間が止まった
意識があるのは私だけで

すべてが一瞬にして静止した。
時間までもが止まってしまったようだった。

まるで、ある一場面で映画が止まったようだった。
そして、自分はその背景から切り離されたようだった。
風景もそこにいる人たちもすべてが冷たく凍りついたようだった。

自分の意識だけがあり、その世界から、そこにいる人たちから、永遠に切り離されてしまったようだった。

2009/01/03

居場所

あなたの居場所はどこですか。

あなたの心の居場所はどこですか。

自分の心さえも落ち着けるところがないとき、

お酒や麻薬にすがったり、
自分に危害を与える人にさえも振り回されたり、
居場所を見つけるために、友達や恋人と別れたり、新しい出会いを求めたり、そんなことを互いに傷つけあいながら繰り返したり、
世と乖離している自分だけの世界に浸ってみたり、
自分という存在を意識し、感じることが出来なくなるくらいに仕事や勉強や何かに没頭してみたり、
自分の存在意義や価値を自分以外のものに見出したり・・・

そんなことをして現実を逃避することしかできない。
そんなことをして自分から逃げることしかできない。

そんなことをしているうちに、居場所からどんどん遠ざかっていることに気づく。

*************************
今、ここで、この人と・・・この自分と・・・。
求め続けていた居場所って、以前から、ここにあったのかもしれない。

2009/01/02

電気自動車とブッシュとオイルと・・・

ブッシュがもう大統領でなくなるとわかったとたん、米国でも堂々と電気自動車の大量生産・販売ができるようになったかのような印象を受けてしまう。

ブッシュが大統領として“がんばって”いた時は、電気自動車という話しでなく、(暫定的な)代替エネルギーとしてのエタノール等の話しばっかりだったのに・・・。もうブッシュはオイルで金儲けをしたから、後はどうなってもいいんだろう。自分は一儲けさせてもらったから、もうガソリンを使わない自動車の開発でも何でもしてくださいという気持ちなのだろう。

チェイニーだって戦争して一儲けしたから、引退しても、痛くも痒くもない。一政治家としてはひどいことをやって世界を荒らしたけど、一ビジネスマンとしては大もうけして、大成功したと思っているんだろう。

一日でも早く、引退し、罪滅ぼしのために、もうけた巨額を世界平和のために寄付して下さい・・・
あ~そんなこと、考えもしないんだろうなあ・・・。

2009/01/02

とある国の総理大臣だったら・・・

‐税金や保険料の天引きは廃止する。
‐偏差値という基準を形骸化させる。
‐女性が議席(国会、都道府県議会、市町村議会)の50%を埋めるまで、女性の立候補者や女性の有権者や支持者たちに多様な支援を提供する。
‐アスファルトやコンクリートで埋め尽くされていない、土がみえる土地に対しての税金を低くする。
‐土地を自分で直接、耕している人たちには、税金を課さない。
‐議員の人数を削減する。
‐多様な人たちが議員になれる制度を導入する。
‐同一労働、同一賃金を課す。
‐生存権の復権を目指す。
‐大きな組織でなく、ちいさな組織を優遇する。
‐多様な人たちが学校の教師になれるような制度につくりかえる。
‐他人の子供をも自分の家庭に迎え入れて育て、自分の子供も他の家庭で育ててもらうという相互の育てあいの習慣を奨励する。
‐個々人やちいさな集団や組織の表現を奨励する。
‐市民団体や地域団体が新聞、ラジオ、テレビなどで、広告したり、社会へメッセージを送りやすくなるシステムを導入する。
‐会社などの組織による福利厚生制度は極力なくしていき、公の福利厚生制度の効果的な運用に力を注ぐ。
‐税制の簡素化を図る。
‐年金や保険システムの簡素化を図る。

2009/01/02

願い

多くの人たちが心の平安、希望、感謝の気持ち、許し合いの想いを持ちながら生活できますように。

多くの人たちが、周りの人たちに笑顔をもたらすことを喜びと感じることが出来ますように。

多くの人たちが、生き物に対して敬意を持つことができますように。

多くの人たちが、この世の不思議に対して謙遜しつつ生きることが出来ますように。

多くの人たちが、何もない平安、平穏、平和という状態がいかに価値のあるものであるかに気づきますように。
多くの人たちが、見えないものの大切さに気づきますように。

多くの人たちが、人の心の痛みを自分の痛みであるかのように、人の幸せを自分の幸せであるかのように感じ得るような共感する心を持つことが出来ますように。

多くの人たちが、許しあいながら生きることが出来ますように。

多くの人たちが、今、ここで、このひとたちと共に生きていることに感謝しつつ、生活できますように。

多くの人たちが、互いの違いを認め合い、互いの表現を喜び、互いの想いを受け止めることが出来ますように。

多くの人たちが、この宇宙が当たり前のように与えてくれる水、酸素、日光などの恵みに感謝し、そしてその宇宙や自然に対して、感謝と協力とお返しの気持ちを持ちつつ生活することが出来ますように。

多くの人たちが、この世のすべての生きとし生ける物とつながることに価値を見いだし、それを大事にすることができますように。

私も多くの中の人の一人です。

2009/01/02

職人さんたち・・・派遣社員たち・・・

身近に職人さんがすくなからずいる。
みんな大変そう。みんな日当いくらで働いているから、仕事がない日は現金収入がゼロ。

いま、派遣社員の処遇が社会問題になっているけれど、職人さんたちの状況も同じくらい深刻な社会問題であると思う。建築現場の職人さんたちと話していると、胸が引き裂かれそうになる・・・・


2009/01/02

自分自身の課題と運動

“社会運動”のその課題とは運動している人たちの本人の課題と多分に重なるものであるべきだと思う。少なくともその“運動”の中核となる人たちや多くの人たちにとっては・・・。

黒人の人たちが、人種差別廃止運動を行うとか。
女性の人たちが、性差別禁止運動を行うとか。
農民達が、農民一揆を行うとか。

まつりごとで終わる“運動”はもういらない・・・
その“運動”が終わり、時間が経った後には、他人事になってしまうから。


2009/01/02

税金の天引き 廃止

税金の天引きは納税者意識を失わせるものだとつくづく思う。
税金の天引きを廃止するという社会の動きはでてこないものか・・・。

万が一、将来日本が国民背番号を導入することがある場合には、絶対に税金の天引きを廃止して欲しい。

2009/01/01

2009年

あけましておめでとうございます。

ぼちぼちですが継続していきますので、今年もどうぞよろしくお願い致します。

皆様にとってより良い一年になりますように。

よき出会いに恵まれますように。
実りのある一年になりますように。
丁寧に日々が過ごせますように。
日々ちいさな幸せに出会えますように。
互いに許しあい、与え合い、感謝しあえることができますように。

屋根の在る場所に寝ることができ、空腹で苦しむことがなく、信頼できる人たちと共に生活できますように。



ホーム

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。