るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/11/29

同窓会

先週、中学校の同窓会だった。私にとっては卒業式以来。

ちょっと話すと、みんなぜんぜん変わっていない。
終電を逃した人がいたので、最後まで残ったのは一桁の人数だったけど始発の時間まで一緒におしゃべりしていた。

同窓会の時に、「ねえ、ねえ、中学の時、誰が好きだった?」とか「今、誰が一番かっこよくなったと思う?」とか一生懸命にみんなに聞き回っていた人がいた。その既婚者の同級生は2次会のとき、同じ話を始めた。その同級生は、「女は、だれだれが好きだったとか、簡単に言うけど。男って、そういうこと大事にしているやつもいるんだ」とかなんとか言って、なかなか言わない。ちょっと後で、「実は・・・俺、るるどさん・・・」って。照れながら言っていた。当時は、野球部員で、生意気そうだったけど、かわいかった男の子。「なんで、るるどなの?」って誰かが聞いたら、「昔から癒し系だからなあ」と言っていた。一体、癒し系ってどんな意味なんだろう?

その彼は、今年で結婚10年目なので、奥様と記念旅行に沖縄へ行くらしい。いろんな記念日を大切にしている自称ロマンチストな男性・・・。

今回は口コミ同窓会だったので、次回は同級生全員に声をかけようねともりあがって、別れた。





スポンサーサイト

2008/11/29

ショックなこと 組織の人事:昇進

一年くらい会社にいると、誰がどんな人で、どんなことが苦手だったり、得意だったりするか見えてくる。そして、誰が、どんな役職についているかもわかり、組織の全体象がなんとなくわかってくる。

先日、ひとつ気が付いたことがある。私にとってはショックだった。
それは、ある人が、ある仕事をする立場にあり、それができない人だと一年経ってわかると、その人は一級以上昇進し、していた仕事から引き上げさせられる。

できない仕事から解き放たれ、他の人が代わりにやるというのは納得できるけれど、
それと同時に、昇進させられるというのが不可解だ。
たとえば、課長が部長になったりする。なぜ、できない人が昇進するんだろう。本当に不可解だ。
面子を立てるためにそんなことをするのだろうか。それとも、かわいそうだからか?良く分からない。

あれっ?この人だけなのかなあと組織図を見ていたら、それがその組織の慣習であることが見えてきた。信じられない。まさに、腐敗しきった、なあなあのボーイズクラブ。

これじゃあ、若い人たち(20代、30代の人達)や中途採用の人たちは、嫌になってやめていっちゃうよ。がんばっても報われない組織。組織を見回していると、実務のできる人は底辺の底辺でがんばっている。

そんなことをある人と話していたら、「共産主義の社会ってその傾向が強い」という話が出た。
なんか、心底納得してしまった私・・・。

2008/11/29

ショックなこと 同じ部署の派遣社員

私よりも長く、その会社で働いている派遣社員の女性は、会社から今度の契約は3ヶ月だと言われたと言う。その後は契約の延長はないとのこと。

とてもショックだ。彼女は、休まず、文句も言わず、ミスもせず仕事をする人。
何でも言われるとさっと仕事をこなしてしまうので、周りから見ると楽な仕事をやっているように見えることもあるらしい。実はそんなことはない。当初、庶務の仕事で入ったというけれど、彼女はエクセルは職場の誰よりもうまく使いこなし、アクセスも使いこなす。だから、職場では重宝がられる。彼女がいないと困ることもたくさんあるという。

そんな彼女の契約は継続されない。

そんな状況の中で、となりの部署の若い社員の女性は、最近も10日間の海外旅行へ行ったりしている。そして会社でも特にたいした仕事をしていないので、誰も困らない。派遣社員でないので、彼女は今のところ解雇の心配はない。

なんかとても不思議だ。なんかとても理不尽な気がする。

必要とされる仕事をやっていて、いなくなると困る派遣社員の女性の契約が更新されないというのは納得がいかない。私が残量しないようにして、その分を彼女のお給料の一部にまわして、彼女の契約を更新できないものかと思う。まさにワークシェアリング。私の残業代は微々たる物だから、何人もそんな風に心がけたら、ワークシェアリングがうまくいくと思うのだけれど。

来週、上司や周りの人たちに言ってみようかな。

きっと、「るるどさんってかわってるね」って、また、言われるんだろう。
もっと、もっとかわった人になってやるぞ~!





2008/11/24

居住の場の確保が困難な国・・・日本

ある大企業の工場で働いている人たちの多くは、会社の寮に住んで働いている。

多くの働き手の元に、来月は仕事がないので雇用の継続更新ができない、又は、解雇の通知が届いた。
一番大変そうなのは、そんな人たち。仕事を失うと同時に、居住の場も失うことになる。もう身内と疎遠になっている人たちも少なからずいる。仕事と住まう場が一ヶ月以内に見つからなければ、ホームレスになってしまう。アパートを借りるといっても保証人も必要だし、敷金礼金など大金が必要になる。仕事を失ったばかりの人たちに、生活の場を確保するためのすべての条件を求める日本社会。とても冷たいと思う。この国の制度のもとに運営されている社会保障サービスのどこを探したら、共生・共助という理念があるんだろうと悲しくなる。

今、工場の現場仕事が、当初の計画の2割にも届かない工場も多くあると言う。
そんな時に、仕事がない会社が職員に対して給与を払い続けることは、お金が天から降ってくるのであれば別だけれど、そんなの無理。お金のない会社に、給与を払えと言っても、ないものはない。銀行も貸し渋っている。そのうちに工場も閉鎖され、会社も倒産するのだろうと思う。
雇用確保の為と大義名分をかざして、世の中で今求められていないもの企業が生産し続けても、意味がない。

今だからこそ、新しい業界においての雇用の場づくりが求められるのだと思う。それは企業だけでは無理だと思う。行政も同じ目線を持たないと・・・。
今だからこそ、企業に負わせてきた潤沢な福利厚生を行政が担い始める時だと思う。

政府は税金を吸い上げているんだから、この国に住むすべての人々、仕事のない人にも、ある人にも安心して住まえる場の提供くらいは、試行錯誤して行って欲しい。そうしないと・・・この冬多くの人が仕事を失うと同時に、生活の場も失うことになってしまう。日々寒くなっている今日この頃、他人事に思えない。

**私が何か知恵を出すとしたら・・・、人々の生活を豊かにするサービス業界(農業・福祉・伝統工芸・手工芸・技術の伝授・芸術活動・教育)を開拓することを薦めたい。
**外国から日本にお金を入れるために、世界の国々や人々がお金を払う業種・業界の開拓を進めたい。
**税制や公の制度の簡素化を図り、大多数の国民にとってわかりやすいものにし、柔軟性のあるものに創りかえる。
**サラリーマンが納税者意識をもてる税制にする。
**人間としての最低限の生活を保障する―居住の場・必要な教育を受ける権利・食料等。
**食品や生活必需品にかかる税金はゼロにして、車、ダイアモンド、嗜好品などの税金を上げる。
**人々が納めている税金と保険金を明確にして、税金はすべての人々(わけ隔てなく)の生活を支えるために使う。

2008/11/17

現金ばらまき

麻生さんの選挙前の現金ばらまき、別名「定額給付金」
別名、毒入り饅頭、じゃなくて毒入り飴を与える政府与党・・・。
1万2千円をいただいた?!後が怖い・・・。

一度きりの1万2千円・・・なんかよりも、食品にかかる消費税をゼロにして欲しい。
ダイヤモンドやぜいたく品にかかる消費税を25%にして、生活必需品の消費税を下げて欲しい。

大切な税金を「定額給付金だぞ~」って、ばらまかないで欲しい。
子供や高齢者に対しては多少額を上げて給付する案があるらしいけど・・・。
母子家庭のお母さんや、仕事をしたくてもできない障害者に対する配慮は。
住所のないホームレスの人たちは?
生活保護で生活している人たちにもちゃんと1万2千円給付されるの?

何のための1万2千円? 

それに加え、役所の仕事も増え、人件費も増えるんだろう。銀行にも手数料を払わなくてはならない。
みんな元を正すと税務署が吸い上げた税金なんだけど・・・。






2008/11/05

Yes! Obama!

YES!!!!! Hope for a big change!!!

2008/11/04

派遣社員と性別

今いっている会社組織では、ほとんどの派遣社員は女性である。
男性は皆正社員。
やっていることはほとんど同じ。
何が違うかと言えば、中途採用される人たちはみんな男性。
女性は派遣社員として採用する。

なんかとても変。

仕事も、男性にはいろいろ教えているけれど。
専門的なことをしている女性には、仕事の核となることは教えない。

今どきこんな意識の人たちがいる会社があるんだなあ・・・不思議な世界。

ホーム

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。