るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005/12/13

Japanese in this web world

I have been writing my log on internet for the last few days. There is one thing that I realized; as long as I am writing in Japanese only people who can read Japanese will stop and read my writing. I realize how important for us to be able to communicate with multi-languages. I will try to write my logs in English and send messages from Japan to the world!
スポンサーサイト

2005/12/13

裕福な人たちの年金

私はまったくの素人で、年金がどのようにして、何のために始められたのか正しい理解をしていませんが、裕福な人たちもある程度の年齢に達すると年金をかけてきた人たちは、みんな年金をもらっているんですよね。年金が足りないって言われているのに・・・。

裕福で金銭的に年金を受給する必要がなければ受け取る必要はないような気がするのですが。ある人はない人の為に年金を受けず、あるお金で生活すればいいのではないでしょうか。お金のある人は自分のもらう権利を主張し、もっと増やそうとする。ない人はないまま。年金をかけるお金もない、もらうお金もない。今の60年代の人たちや団塊の世代は権利意識が強い・・・我我我我って。生命力というか、競争心というか、今の「若者にない」何かが強い。だから、世論が団塊の世代以上の人たち中心に動いてしまうのかもしれない。

年金のことを書きながら・・・年金に関して「素人」と書いている私は当事者であり、自分のことなんだから、「素人」なんていっている余裕は本当はないんだと気づかされました・・・。

2005/12/13

問題はシステムやソフトプログラム?!

最近、マンション建築の構造の問題や東証等の問題が新聞の紙面をにぎわしているが。不思議に感じるのは建築家の資格の問題にしたり、コンピューターソフトの問題にしたり、東証のシステムの問題にしたり、人や人の関係があまり見えないことだ。日本においては、多くの問題は大手の会社からの圧力や、会社内外の人間関係によって生じることが多いような気がするが・・・。または、日本の硬直化している権力構造が人々を怠慢にし、能力のある人が力を発揮できない環境をつくっているような気がする。人間は自分たちの責任をすでに放棄し、コンピューターに使われてしまっているのかもしれない。とても変な方向に行っている現実がある。

ホーム

Home

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

12 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。