るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/07/19

Days Japan

Days Japan

http://www.daysjapan.net/
広河隆一さんが編集長!


広河隆一:
月刊フォトジャーナリズム誌「DAYS JAPAN」編集長。フォトジャーナリスト。DAYS大賞写真展を2011年は東京、名古屋、三重、高知、横浜、京都などを予定。広河の写真展「人間の戦場」も準備中。パレスチナ問題、チェルノブイリを中心に取材。
スポンサーサイト

2011/07/19

「原発はいらない」

内容紹介
12万部を突破したベストセラー『原発のウソ』の著者が放つ、3.11事故後の第2弾! 福島第一原発は今、どんな状況なのか。放射能汚染は、今や首都圏にも広がってきている。このままでは、日本は「汚染列島」と化してしまう。40年にわたり「原子力研究者として、原発をやめるための研究」に励んできた著者の反原発運動の経緯をたどりながら、原発事故が最悪の場合、日本列島に壊滅的な打撃を与えることを客観的に論証する。では、すべての原発を廃炉にしたあとは、どうすればいいのか? 「化石燃料を使う火力発電は地球温暖化を促す」とか、「原子力発電の経済的効率性を重視する」といった原発推進論者の主張に鉄槌を下しつつ、「電力を好き勝手に使う強欲文化」から、「人と地球にやさしいスローライフ文化」への大転換を提案する。今、最も信頼できる原子力研究者が、渾身の力を振り絞って原発廃絶の思いを綴った覚悟の書。40年の反原発研究人生の集大成ともいえる「小出メッセージ」の決定版!
著者について
小出 裕章(こいで ひろあき)
1949年、東京生まれ。京都大学原子炉実験所助教。1968年に、原子力の平和利用に夢を抱いて東北大学工学部原子核工学科に入学。1970年、女川での反原発集会への参加を機に、原発をやめさせるために原子力の研究を続けることを決意。1974年、東北大学大学院工学研究科修士課程修了(原子核工学)。専門は放射線計測、原子力安全。著書に『隠される原子力・核の真実―原子力の専門家が原発に反対するわけ』(創史社)、『放射能汚染の現実を超えて』(河出書房新社)、『原発のウソ』 (扶桑社)などがある。
240ページ
出版社: 幻冬舎ルネッサンス (2011/7/16)
言語 日本語
ISBN-10: 4779060486
ISBN-13: 978-4779060489
発売日: 2011/7/16

2011/07/15

「原発のうそ」

小出裕章助教授(京大)が書いた「原発のうそ」を読んだ。

とてもわかりやすい。
日本の皆さん、世界の皆さんに一度は読んでもらいたい本。

2011/07/02

転換期

今、日本が新たな方向に向って動き始めなければ、今後そんなチャンスはやってくるのだろうかと思う。

原発から、自然エネルギーへ
製造業から、日本の自然を生かした第一産業や知的財産を生かした産業へ
一部の既得権益者が永遠にぬるま湯に浸かり続け、多くの庶民は泣き寝入りをするような共産国的な日本の社会構造から脱却し、民の力がいきる社会づくりへ
受身の制度づくりから、主体的な社会づくりへ
自殺大国から、希望のある国へ
画一化社会から、多様性を大切にする社会へ
大きなものを擁護する社会ではなく、倫理の存在する社会へ
男性が仕切る社会ではなく、男女が一緒になってつくる社会へ

今・・・変わらなければ、いつ?

2011/04/13

「<戦争の世紀を超えて> わたくしが生きた昭和の時代」 吉武輝子

「ぉ嬢ちゃん、何があったか知らないけれど、人間というものはね、何があったかではなく、その先どう生きたかで価値が決まるんだよ。ぉ嬢ちゃんは生きている甲斐のある人間だと神様が思ったから命を返してくれたんだよ。」


「そのときわたくしは、改めて自分が暴力で奪われたものは肉体ではなく、幸せになりたいという意思なのだということに明確に気づかされたのです。・・・・加害者が忘れ、被害者が生き延びるすべとして記憶を消しながら、しかし身体がしっかり覚えていて、男に心開くことなく人生の落伍者と、自らを貶めている。性暴力の理不尽さ、不条理さはここにあるのではないでしょうか。」

「・・・戦争は敵も味方も恐怖を与えるものへの憎しみで人格崩壊を起こすのだ。だから、たがいに残酷な殺し合いが出来る。戦争は人間性を奪い取る最大の悪だ。」

ホーム

HomeNext ≫

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。