るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011/02/11

石垣りんさんの詩

石垣りんさんの詩

く ら し 
 
食わずには生きてゆけない

メシを

野菜を

肉を

空気を

光を

水を

親を

きょうだいを

師を

金もこころも

食わずには生きてこれなかった

ふくれた腹をかかえ

口をぬぐえば

台所にちらばつている

にんじんのしっぽ

鳥の骨

父のはらわた

四十の日暮れ

私の目にはじめてあふれる獣の涙



********************
素敵な女性がいたのですね。先日初めて石垣りんさんについて書かれている本を読みました。
「くらし」も、ぐっとくる詩です。

他の詩もゆっくりと読んでみたいと思います。


スポンサーサイト

2007/10/24

やさしさ

やさしさにふれたいとき時、金子みすずの詩を読みたくなる。

************************

日の光

   おてんと様のお使いが
   そろって空をたちました。
   みちで出会ったみなみ風、
   (何しに、どこへ。)とききました。

   ひとりは答えていいました。
   (この「明るさ」を地にまくの、
   みんながお仕事できるよう。)

   ひとりはさもさもうれしそう。
   (わたしはお花をさかせるの、
   世界をたのしくするために。)

   ひとりはやさしく、おとなしく、
   (わたしはきよいたましいの、
   のぼるそり橋かけるのよ。)

   のこったひとりはさみしそう。
   (わたしは「かげ」をつくるため、
   やっぱり一しょにまいります。)

************************

お魚

   海の魚はかはいそう

   お米は人に作られる、
   牛は牧場で飼はれてる、
   鯉もお池で麩を貰ふ。

   けれども海のお魚は
   なんにも世話にならないし
   いたづら一つしないのに
   かうして私に食べられる。

   ほんとに魚はかはいさう。

************************

この世に存在するすべてを生かす彼女の懐の深い透き通ったまなざしが好き。

2007/09/30

The Last Day

Here is the lyrics of Marylin Scott's "The Last Day." It has been one of my favorites since I heard it on the radio years ago. It is absolutely beautiful and touching. I would sing it to you If you can hear me (smile)...

If today were the last of all days,
Would it change how you feel, who you are?
Would you rise for a moment above all your fears,
Become one with the moon and the stars?

Would you like what you see looking down?
Did you give everything that you could?
Have you done everything that you wanted to do?
Is there still so much more that would?

Follow your dream to the end of the rainbow,
Way beyond one pot of gold.
Open your eyes to the colors around you,
And find the true beauty life holds.

Would you live for the moment like when you were young,
When time didn’t travel so fast?
Be free in the present,
Enjoying the now,
Not tied to a future or past.

You would probably say all you wanted to say,
But doesn’t strike you as strange.
That we'd only begin to start living our lives,
If today were the last of all days?

“The Last Day”

Lyrics by: Brenda Russell/John Ewbank
From the CD “Avenues of Love” Artist: Marilyn Scott


"If today were the last of all days, what would I do?"
No more "someday I will..."

Today I felt as if I were dying in a few days. It was a stange feeling. It made me want to get rid of most of my stuff. I have too many books and papers and lots of clothes that I do not wear. They all become meaningless and valueless after I cease.

2007/04/21

Meja

Meja メイヤ
スウェーデンの女性アーティスト 
1969年生まれなのに、まるで60年代のヒッピーみたいな感覚を持つ彼女の歌がいい。

最近、良く聞いている“It's all about the money”と“Hippies in the sixties”の歌詞(以下に記載した歌詞はmeja.netより)。こんな曲を聴きながら、Haight & Ashbury の町並みを頭に描いてみたり、60年代にヒッピーだった友人たち(私より年上の友だちで、教室では学べない、いろんなことを教えてくれた人たち)を思い出したり・・・現実を直視することがあまりにも痛々しいと、こんな風にして現実逃避したくなる昨今。

*******************
It's all about the money <D.Carr/Meja>

Sometimes I find another world
inside my mind
when I realise
all the crazy things we do
It makes me feel ashamed to be alive
I wanna run away and hide

Chorus
It´s all about the money
I´s all about the dum dum.......
And I don´t think It´s funny
to see us fade away
It´s all about the money
It´s all about the
I think we got it all wrong, anyway

Strange ways of showing
how much we really care
when in fact
we don´t seem to care at all
This pretty world
is getting out of hand
So how come we fail to understand?

Chorus

************************

Hippies in the sixties <M.Beckman-B. Steinberg- M.Frederiksen>

I don´t need therapy
I don´t need Disney (to be happy)
I don´t need you to tell me
I don´t need TV (to be happy)

I don´t need to get laid
I don´t need an upgrade(to be happy)
I don´t need looks that won´t fade
I don´t need to get paid(to be happy)

Chorus
Hippies in the sixties
wore flowers in their hair
I can still feel the
love vibrations in the air
Hippies in the sixties
knew money isn´t God
I wish I was there 2.
I don´t need celebrity
I don´t need extacy (to be happy)
I don´t need plastic surgery
I just wanna to be free(to be happy)

Chorus

Bridge
Sit on a granit boulder
let the sunshine warm your skin
Turn on,turn on, drop out, drop out
tune in

Chorus

2007/03/08

先日、出会った詩です。なぜか心の隅っこに残っている詩なので、ブログに。

病 (作:佐藤春夫

うまれし国を恥づること。
古びし恋をなげくこと。
否定をいたくこのむこと。
あまりにわれを知れること。
盃とれば酔いざめの
悲しさをまづ思ふこと。

佐藤春夫記念館

ホーム

HomeNext ≫

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。