FC2ブログ

るるどの覚書

全く私的な独り言から、素朴な疑問や社会的な関心ごとまで、北欧での生活の中で感じたり、思ったり、考えたことの覚書ブログ。気軽にコメントして下さると嬉しいです。

2020/04/22

コロナウイルス

コロナウイルスの一人勝ち。
ウイルスや菌を排除してきたからかな、
人類復讐とばかりに、透明を装って元気に感染活動を行なっている。

人間が謙虚になり、足るを知る生活を始め、共生の思想を持って生きることが求められているのかなと思う。
こんなにも欲を煽られながらの生活に慣れてしまうと、言うのは簡単だけど、難しい。

もっと、もっとという生き方でなく、あるものに感謝、今ここに感謝して生きたい。

スポンサーサイト



2015/02/07

今だからこそ

自分の価値観を大切にする。
聞こえてくること、読むこと、見ること、感じることを丁寧に扱う。
白黒の評価を単純につけるのではなく、丁寧に感じ、考える。
新聞の大きな見出しを見て、世の中を知ったような気になってはいけない。

どんなときでも多様な意見、少数者の意見に耳を傾ける。
どんなときでも言論の自由、表現の自由を大切にする。
信仰の自由も大切にする。人種差別や民族差別を助長することはしない。

いろんな生き方、いろんな意見、いろんな考え方があり、いろんな人がいて世の中が成り立っている。




2015/02/07

報道の自由

報道の自由がなくなってきている

安倍政権の批判もできない。
自民党の批判もできない。
官僚の批判もできない。
経団連の批判もできない。

だんだんといろいろなことが不透明にされ、なにがなんだかわからなくなっていく。

だんだんと大きな声に洗脳され、何をどう考えたらよいのかわからなくなっていく。

気が付いたらコントロールされた情報しか得られなくなり、日本も北朝鮮のようになっていってしまいそうな気がする。


2014/10/07

幸せと選択肢の数

今日TEDを観ていたら、、選択肢を多く持つ人たちは幸せと感じる程度が低く、選択肢の少ない人たちのほうが、幸せと感じやすいということを話していた。
また、周りの人に感謝を伝えることが、幸せと感じる大切な一つの要因でもあるというビデオもあった。

最低限の生活環境が整っているなかで、選択肢をあまり持つことなく、いつも大切な人たちに感謝の気持ちを伝えていると幸せになれるのかもしれない。

2014/09/04

時間

時間が経つと歳をとる。
気付いてみたら、両親も高齢に、自分もしわや白髪がぼちぼちと。
老眼鏡が必要になるのはいつごろだろうと思うようになってきた。
子供をつくらない人、姪っ子や甥っ子や身近に子供がいない人たちには、子供の成長を通して時間を感じることができない。
自分や両親や兄弟や環境の変化は身に染みて感じるけれど、これからの将来を担う人たちの成長を身近に感じることができない物寂しさがある。
その代りに、自分には十分の投資ができる。その投資も自分だけで終わりかと思うと、また物寂しく感じる。

子供とか結婚とか家族とかに縁のない人たちもいる。異性を好きになれない人もいるし。病気で寝たきりで家から出たことのない人もいる。結婚しても子供のいない人もいるし。結婚せずに子供を育てる人もいる。結婚して子供をつくる人もいる。世の中はいろいろな人たちがいて、いろいろな人生を送っている。

どんな人生を送っていても安心して生きれる社会に生まれていたら幸せだと思う。

ホーム

HomeNext ≫

 

プロフィール

るるど

Author:るるど
好きな言葉:"Differences are not a threat, but a treasure" by Jean Vanier (ジャン・バニエは、尊敬する人の一人です)

email: mariaatlourdes@hotmail.com

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する